top of page

稲田大二郎

更新日:2022年8月25日


Japanese Street Car Culture カスタム チューニング 自動車 車 最速チャレンジ

■稲田 大二郎(いなだ だいじろう、1947年2月24日- )

日本のチューニングカーコメンテーター。 自動車・バイクの専門誌の出版社三栄元編集局長。愛称は『Dai』。他にも『GOGO』、『不死身の男』、『暴走機関車』とも呼ばれており、三栄書房のモータースポーツ雑誌『オートスポーツ』の編集部を経て、日本初の自動車チューニング専門誌『Option』を立ち上げました。


また、全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)の創設者のひとりとしても知られており、2010年12月9日、D1グランプリ運営会社であるD1コーポレーション取締役会にて取締役を辞任すると表明、併せて2011年度のD1グランプリ審査員を辞退しました。


『Option』創設当時から、チューニングカーの普及に努めており、東京オートサロンの前身であるエキサイティングカーショーの発起人でもあります。


近年ではキャンペーンガールとそれ目当ての観客ばかりが目立つ東京オートサロンを批判的に思い、チューンドカー中心のイベントを再びとして、エキサイティングカー・ショーダウンも開催していたが、現在は休止しています。


チューンドカーの地位向上を図るため、「走るからこそ環境を考えよう」のキャッチフレーズを持ち、『Option Land』としてNPO活動もしています。



閲覧数:18回0件のコメント

関連記事

すべて表示

松岡 歩

風間靖幸

Comments


bottom of page